読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長男気質のくちびるおばけ

考察とか、歌割りとか。@maimai_10ta

小瀧くんが新入社員だったら、こんな寄り道デートがしたい

 

 

今年度から新入社員として入ってきた小瀧望くんは、色々な意味でスーパールーキーだと思う。なんでもちゃっかりこなすし、人一倍空気が読めて上司からも評判がいい。

 

 

先月からそんな彼の教育係となった私も、今まで後輩の面倒を見るのは得意でなかったはずなのに、小瀧くんとは上手くやってけている。気がする。それも全部彼の性格がそうさせてくれている事は自覚しているし、もう少し先輩として頑張らなくては、と思う。

今日は彼を連れて、何回目かの外回り。まだ少し緊張はしているものの、こんなに早くから取引先のお偉いさん相手に、堂々とできる小瀧くんは本当に頼もしい。

 

「あっ、ちょっとコーヒー買って来ていいっスか?センパイはここで待っててください!」と言うのでお店の外で待っていると、コーヒーショップの隣にある靴屋のショーウィンドウが目に入る。

所謂ハイブランドと括られるそのお店の靴は、私の憧れでもあり、毎日の仕事をがんばる目的の1つになっている。

 

綺麗に陳列された靴の中でも、端の方に少し控えめに置かれているベビーピンクのパンプスが気になって、窓ガラスに張り付いて見ていると「ぷはっ、センパイ、子どもみたいっスね」と後ろから小瀧くんの声。「砂糖とミルク、多めにしときました!」ハイ、と渡されたコーヒーは、確か前に"ド"がつくほどの甘党だと話した事を覚えていてくれたのか、丁度いい甘さだった。

 

「気になるんスか?あの靴。」

「うん、右端にあったやつ。ピンクの靴って持ってなくてさ」

「確かに履いてるトコ見ないっスね、センパイのピンク、見たいかも!」

 

へ〜小瀧くんて、人の足元とかもチェックしてるんだ。私が新人だった頃は、靴なんて外回りがしやすいかどうかで選んでいたのに。意外とそういうとこ、しっかりしてるな。

 

「あ、そういえば、お金、コーヒーの!」

「たまには奢らせてくださいよ!…あっ、その代わりちょっとセンパイのください!」

 

首を傾げて手を出すから渡すと、

「あっま!スンマセン、いれすぎました?」

「や、丁度いいよ(笑)」

「へ〜〜覚えとこ(笑)俺もどっちかっつーと甘党やけど、センパイのはレベチっすね(笑)」

「ごめんね〜子供で!」

「ふふ、謝ることないっすよ、可愛いんで」

 

なにそれ〜!と誤魔化したけど、彼のこういうところは本当に危ない。何も予期していない会話で、突然爆弾を落とすのだから。

 

「んあ〜〜外回りってええな〜〜!!天気良いと、オフィスに篭ってるのもったなすぎやもん!!」

「そうだね〜ちゃっちゃと回って、お昼は公園もアリかもね」

「え!めっちゃいいっスね!」

 

センパイと公園デートや〜♡ってスキップしだすから、コラコラと大型犬の腕を掴んで諭す。

 

 

 

無事に取引先との契約が1つとれそうで、いつものコンビニではなく、奮発してお洒落なサンドイッチをテイクアウトした。

丁度桜が満開となった公園には、お昼休憩のサラリーマンやOLでいっぱいで、中にはレジャーシートをひいてお花見をしているグループもあった。

 

「俺もお花見したい!誘ったら来てくれます?センパイ。」

「お〜〜いいね、企画してよ!神ちゃんも言ってた、そろそろ花見したいって!」

 

「え〜2人がええねんけど〜〜」って言うから、もうしてるじゃん、と言うと「そういうんとは、ちゃうやん」って耳を垂らしてわかりやすくショゲる。

 

「本当に会社戻りたくなくなるね、こんな天気だと」

「あっ!ええこと思いついた!、」

「なに?」

「さっきセンパイが見てた靴屋行きましょ、まだ時間あるし!俺も女性モノの靴、見てみたい!」

 

仮にも仕事中なんだけど!と思ったけど、予定してたよりも早く午前中の用件が片付いたし、帰り道だから少しはいいよね、と自分に言い聞かせる。靴、見たいし。

あ〜〜教育係として失格だ。内緒ね、と言うと「了解っす!」と敬礼して、「ナイショな、ナイショ、…ナイショか〜(笑)」って何度も繰り返して笑うから、も〜本気でだからね!駄目だよ、中間先輩とかに言ったら!と、釘をさす。

 

お店にはいると、チラホラと人はいるものの、落ち着いていて高級感が漂っている。

「好きなんスか?ここの靴」

「まだ2足しか持ってないけど、好きなんだ、可愛いし、履きやすいし」

今度お迎えする"3足目候補"を探すワクワク感といったら、ない。さらなる仕事の原動力にする為にも、今日少しでも目星がつくといいな、と思う。

 

「あ、これなんかどっスか?ピンクの!」

「可愛いかも!」

履いてみてください!と、小瀧くんが差し出してくれたソレは、ピンクベージュのワンカラーで、シンプルだけど可愛い。

 

「えっ、パッカパカやん!え、待って、センパイ足ちっさ!ホンマに子どもやな(笑)」

「うるさいよ(笑)」

 

パンプスだと22.5センチでも脱げてしまう私の足は、なかなか頑固で靴を探すには一苦労なのだ。

残念だな〜〜と思っていると、「なあ、これも履いてみて!」と小瀧くんが、これまたピンク色の高いヒールの靴を指差す。普段は歩きやすい低めの物を選ぶから、これは高すぎるよ〜と言うと、「ええからええから!お願い!」って手を合わせてくる。

これもサイズは大きいけど、小さなリボンがアクセントになっていて、履いてみると可愛い。つい、鏡の前まで移動する。

 

「ふは、こんなにヒールあっても、小さいんやね、センパイ(笑)」って隣に来て、自分の手を私の頭に乗せてくるから、少し肩を小突いてやる。

良かったらサイズお持ちしますか、と離れたところで見ていた店員さんに言われ、はじめに小瀧くんが勧めてくれたピンクベージュの靴を頼む。

 

「え〜〜!めっちゃ似合てるやん。」

「可愛いね〜〜コレ!サイズもぴったりだし!」

「こちら先月にでたばかりの新作でして、とっても人気なんですよ。」

「人気なんやって!これやったら俺との身長差縮まらんけど、ええやん。オトナの女の人って感じやで。」

「身長の話はいいの!(笑)」

「仲良しなんですね(笑)身長高いですもんね、彼氏さん!」

 

 いやいやいやいや違います、あ〜ショッピングあるあるキタ〜〜と思っていたら、横で小瀧くんが「そうなんスよ〜〜ま、小さくてもソコが可愛いからいいんスけどね、」とか話してるから、否定しようとすると、「なっ!」って同意を求めてきたので、すみません、違うんです、と店員さんに少し頭を下げる。「ちぇ〜〜つまらへんの〜」と言って拗ねる小瀧くんを横目に、ありがとうございました、給料日になったらまた来ます、と言ってお店を出る。

 

「てかごめんね、付き合わせちゃって、つまんなかったよね、」

「大丈夫っスよ、逆にラッキーす。センパイの彼氏になれたんで(笑)」

「も〜〜(笑)でも、ありがとね、ほんと」

「次行く時は報告出来るようにせんとな〜〜彼氏に昇格しました!って!」

「まったく、小瀧くんすぐそういうこと言うんだから(笑)」

 

そう言うと、隣で笑っていた小瀧くんが急に立ち止まるから、私も立ち止まって振り返ると、

 

 

 

 

 

 

 「…なあ、笑ってられンの、今のうちスよ。俺、センパイのこと、本気なんで。」

 

 

ーーー真剣な顔でそれだけ言って、先にスタスタとビルへ入っていく小瀧くんは、スーパールーキーで、やっぱりちょっと危ない。

 

 

 

 

 

 

 

寄り道したすぎるネ!靴屋に行く理由つけて、外回り(訳:デート)の時間のばされたすぎるネ!ずっとヘラヘラしてたのに、急に真剣な声でストレートに言われたすぎるネ!!!

敬語とタメ口のバランスが絶妙すぎる新入社員の小瀧くん、推すしかない。

靴屋に行く提案をした小瀧くんは、デートを伸ばす目的以外にも、先輩の好みを調査する目的も兼ねていたので、この後しばらくして彼氏になった小瀧くんが、この靴をプレゼントしてくれたらいいですね。(淳太くんに次ぐ策士。)

 

因みに私は本当に足が22センチで、靴選びには毎回困るし時間がかかります。泣

 

以上、ジャニーズWESTから小瀧望くんでした!!